カエデの選木

ブナの次は、イタヤカエデの伐採木を選びに大白川へ
カエデは名刺入れ・マウスパッド・万年筆ケースなどに使われます。

今回の伐採木を使うのは、今年秋頃からの生産用。まだまだ先ですね。

4月3日に同行したのは、大白川生産森林組合のTさん、製材してくれる I さん。まだ3m以上の雪が残りしっかり締まっているので、どこでも歩けるのが楽しい!

製品にした時の耐久性、製材時の歩留まり、数十年後の森の成長も考えながら選木。今回は神の山脇の沢で10本程選びました。
この時期破間ダムの雪流れや期間限定の蕎麦屋もあり、毎週行ってますが仕事です・・

伐採画像は次のブログで

大白川のカエデ林
雪上ウォーク
カエデの選木
マーキング
カエデの雪室
大白川のイタヤカエデ
破間ダムの雪流れ
山羊の散歩 隣町

この投稿をシェアする